ラファナダルアカデミー

サマーキャンプに参加②

· 海外,ジュニア,留学,スポーツ,テニス

初日午前中のテニスはRafa Nadal Clubのレッドクレーでのトレーニングになりました。 

香港ではツルツルの球足の速いハードコートでの練習や試合が殆どでレッドクレーはコロナ前のゴールドコーストKDVスポート以来で、慣れないクレーコートで止まって打つのことに苦戦。 

当たり前ですが、スライドも上手く滑れず、ひっくり返って転んで笑ってました。 

本日は8時45分に集合して、パドルテニスが90分。午前中はその後にテニスが約2時間15分。最後の30分は気温約40度でのトレーニングであったことや急に風が強くなったこと、また疲れからパフォーマンス、、メンタルが落ちてしまいました。 

ただ、異なる国の選手、異なるサーフェイスでのトレーニングは良い経験です。 

香港では普通に見られる光景ですが、これだけ国際色豊かで、しかも12歳以下のグループにもかかわらず、英語でみんな会話が出来ているのも感心です。 

グローバルな人材へと成長するためには早い段階でこの様な環境にスポーツを通じて入り込むことで、英語に対するハードルが一気に下がるのではないでしょうか。 

午前中のテニストレーニングは1面4選手で、ストレートでのラリーの打ち合いに時間が長く割かれていた印象です。75分ぐらいは2人1組でのダウンザ・ラインでのラリーをしていたと思います。 

ポイント練習もやれば、ワンサイドがアタック、ワンサイドがディフェンスなどなど。コーチからの技術的なアドバイスはラリー中はあまり多くはなく、ただ、メンタルが落ちてる選手に対してはラケットアップ、フォーカスなど声をかけて喝を入れてました。 

悪く言うと打たせているだけ、良く言うと半面だけでのラリーをひたすらすることで、ナチュラルにボールコントロールを身体に覚えさせていている、ということでしょうか。 

勿論、コーチがネットでボレーをして選手がストロークでコーチに打ち返すボレストもタフなスタイルで間、間に取り入れられており、最後はサーブ、リターン練習で終わりました。 

ボレスト動画はこちらです。 

昼食後の午後のスケジュールは『Building a champion』というメンタル・セッションから開始されています。そして最後の締めくくりは90分のオンコート・トレーニングとなります。 

ラファナダルアカデミー、サマーキャンプに参加です。リンク: https://www.winsports.info/blog/d1494a45060 

ラファナダルアカデミーに関しますお問い合わせは日本含むアジアにおける正規代理店でありますWin Sports Visionまでお願い致します。 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK